日本のモータリゼーション黎明期の1967年に登場してから50年あまり。『トヨタ 2000GT』は当時最先端の高性能メカニズムと流麗なスタイリングで日本が世界に誇る本格的スポーツカーです。そして、人気映画「007は2度死ぬ」にボンドカーとして登場したことでも世界的に有名です。約3年という短期間にわずか337台のみを生産、価格は当時の国産高級車の代表「クラウン」が2台買える程の238万円と、超希少な高級車でもありました。今回、オートアートのラインナップの中でも圧倒的人気を誇り、2003年の発売以来ロングセラーを続ける1/18スケールモデルを一から見直し、最新技術によって全く新しく生まれ変わらせました